「ほっ」と。キャンペーン

アトリエ興譲文庫

新しいブログを開設しました。




a0118142_7275720.jpg


























テーマは、

 「世界に1冊だけの本づくり」

です。

手作りで作った本を紹介していきます。

新しいブログのアドレスはこちらです。

「アトリエ興譲文庫」

ぜひご訪問ください。
[PR]
# by siva1199 | 2014-06-25 07:30 | インフォメーション

日本の国難

*********************************

  一歩あやまれば、日本の国が危殆に瀕し、
  一億余の国民が路頭に迷う寸前まで行くかもしれない。

  松下幸之助
*********************************

「第二次世界大戦に敗れた時の日本も、大きな時局の転換期であり、国民が途方にくれるような状態であった。けれども私は、その当時の日本と今日の日本とをくらべてみても、今日のほうが事態は深刻ではないかと思う」。これは1974年に松下幸之助が『PHP』に掲載した言葉である。当時、オイルショック、インフレ、公害など、高度成長期の日本は多くの問題を抱えていたにせよ、焼け野原の日本のほうがはるかに深刻であったはずである。ところが松下の視点は違った。終戦後の日本はすべてが破壊され非常事態であったが、そういう破壊と混乱のなかにあっても、国家国民として立つ道はただ一つ、この状態に対処し、日本を復興再建しなければならないという点において、国民の合意があった。心の迷いがなかった。それに比べて今日は、他人のこととか、社会のことは自分の知ったことではない、自分さえよければという風潮こそが深刻なのであると警鐘を鳴らしたのだ。


名言の宝箱18

参考/『PHPアーカイブスVol.4』心あたたまるいい話「PHPベストセレクション」

[PR]
# by siva1199 | 2013-03-16 11:32 | 名言の宝箱

孤独とは

*********************************

  人の幸せを与えることでけんめいになれば
  孤独などというぜいたくなタイムを持つひまはない。

  淀川長治
*********************************

どうしてこうも人間は孤独なのだろう。この見えない孤独の恐怖から逃れるために、華やかな世界に身をおき、うわべのつき合いでごまかして生きているだ。孤独はどこからやってくるのか、淀川長治は映画からその答えを得て、映画が救ってくれたという。「孤独とは自分本位で生きるからだよと。幸せを人から貰おうとするからだよと教えてくれる。なぜ自分から人に幸せを与えようとしないのかと映画は口をすっぱくして教えてくれる。人に幸せを与えることでけんめいになれば孤独などというぜいたくなタイムを持つひまはない。そうだろうなあ」。この話に何だか身につまされる自分がいて、心の中で同じように「そうだろうなあ」とつぶやいてしまった。チャップリンの映画もすべてそれを教えてくれているという。アラスカで黄金を発見したチャップリンは、その帰国の船の中でもっと貴重なものを掘り当てた。ジョージアの愛。それは黄金よりももっと貴いものだった。


名言の宝箱17

参考/『PHPアーカイブスVol.4』心あたたまるいい話「PHPベストセレクション」

[PR]
# by siva1199 | 2013-03-16 10:47 | 名言の宝箱

すべてはゼロに始まりゼロに終わる

*********************************

  運命はわたしたちがつくるものである。
  いまからでも遅くない。
  いまをどう生きるかで、未来が決まる。

  マハトマ・ガンディー
*********************************

『易経』に「積善の家には必ず余慶有り。積不善の家には必ず余殃有り」とある。余慶とは幸福のことで、余殃とは災難のことをいう。善を積むというのは人の行いで自発的だが、それがどのようなカタチで返ってくるかは、人知では計り知れないものがある。だが、それ相応のものが返ってくると『易経』は説いているのだ。ここには、善であれ、不善であれ、それは必ずゼロに戻ろうとする自然の法則がはたらいていると考えると解りやすいかもしれない。例えば、善に振られた振り子は、ゼロに戻ろうとする。それが戻る際に余慶という現象を起こしているのだ。ただし、その振り子がどのように返ってくるかを詳細に知ることは予測不可能だ。いずれにしろ、すべてはゼロに始まり、ゼロに終わる。それが善であれ、不善であれ、それ相応に相殺されてゼロに戻るのだ。人生は、ゼロに始まり、ゼロに終わるということを知っていれば、一時の禍福に翻弄されなくてすむようになる。


名言の宝箱16



[PR]
# by siva1199 | 2013-01-06 14:27 | 名言の宝箱

ポジティブな鎖国

*********************************

  最上の思考は孤独のうちになされ、
  最低の思考は騒動のうちになされる。

  エジソン
*********************************

鎖国といえばネガティブな狭い世界をイメージするが、鎖国をしていた江戸時代を観察してみるとどうもそうとばかりは言えない。まず、外交をいっさい絶つということは、完全自給自足でなければならないことを意味する。江戸時代は、この小さな島国の中にあるものだけで生活のすべてをまかなっていた。それが可能であったという、まさに日本独自の雛形をつくり上げたのだ。それから文化、芸術に関しても、完全オリジナルのものが多く生み出されている。外の刺激がないということは、得てして独りよがりに陥りがちだが、江戸文化はどれをとっても熟成されている。西洋の画家たちが浮世絵を絶賛し、それを模写して作品を作り上げていることからしても、江戸の芸術のレベルがそうとうに高かったことを証明している。同じように、人生にもまた鎖国の時代が必要だ。大成している人は、例外なくこの鎖国を経験している。孤独(鎖国)の中にこそ、真の自己が宿っているのだ。


名言の宝箱15

参考/『齋藤孝のざっくり!日本史』齋藤孝(祥伝社黄金文庫)

[PR]
# by siva1199 | 2012-12-10 09:15 | 名言の宝箱

本気の思いは具現化する

*********************************

  何かを本当に欲しいと思えば、
  どうやってそれが手に入るかは考えつくでしょう。


  シェール

*********************************

私たちは結果を生きている。もう少し分かりやすくいうと、過去につくった原因が、今という結果をつくっている。今起こっている現象は偶然ではなく、過去の原因によって必然的に起こりうるべくして起こっているのだ。この原因とは「思い」である。心に思い描いたことが未来を具現化していく。この法則を初めて知ったときは衝撃だった。それからは、心に何を描くか、そのことが何より重要であると気づいた。しかし、思いを描けばすべてが具現化するのかというと、どうやらそんな虫のいい話ではなさそうだ。思い描いても具現化しないことは山ほどある。では、どんな思いが具現化するかといえば、本当にそうなりたいという「本気度」に比例するのだ。これは思いが自然に具現化させるというよりも、何とかしてそのことを実現させようとするその情熱が、必要な情報や方法を見つけ出してくる。棚ボタではだめ、居ても立ってもいられないという強い思いで具現化させるのだ。


名言の宝箱14



[PR]
# by siva1199 | 2012-12-01 14:23 | 名言の宝箱

受け継がれる夢

*********************************

  夢が叶わないまま死んでしまうことが不幸なのではない。
  夢を持たないことが不幸なのだ。


  ベンジャミン・メイズ

*********************************

年をとるごとにしょぼくれていく老人と、年をとるごとに艶やかになっていく老人がある。その違いはやはり、夢があるかどうかだ。今、ちまたで『論語』がブームになっているが、ぼくも若い頃からこの書物を何度も読み返してきた。『論語』は孔子の言動を弟子たちが書きとめ編纂したものが、2500年もの時空を経て今も色あせることなく伝えられてきた知恵の宝庫だ。孔子は、天の運行(礼)をもって理想社会を実現しようとした。孔子には周公という理想社会を実現した尊敬する先人がいた。その人を敬慕し、何度も何度もその人の夢を見た。孔子は、その理想を元に政治に携わったが、弱肉強食の戦国時代には通用しなかった。けっきょく実現の夢はやぶれ、後世にその夢を託すべく弟子たちを育てる晩年を過ごしている。その後、孔子の夢を実現しようと多くの人たちが挑戦し、挫折し、また後世にその夢を託してきた。孔子は死して朽ちず、今もその夢が続いているのだ。


名言の宝箱13



[PR]
# by siva1199 | 2012-11-30 10:09 | 名言の宝箱

本当の人生が始まるとき

*********************************

   生も一度きり、死も一度きり、一度きりの人生だから、
  一年草のように、独自の花を咲かせよう。


  坂村真民

*********************************

人生とは、知識や経験を積んでいく足し算のように思っていたが、どうやら引き算ではないかと最近感じている。子供のときは無限の可能性を抱き、未来に明るい希望と夢を描く。そしてその思いを実現するために、思い思いの知識や経験を積んでいく。積めば積むほど、思いの世界は広がり、そこに遊ぶことができる。しかし、ある程度年齢を重ねてくると、この限られた人生の中でできることは限られていることに気づく。そのことに気づき、自分の中に蓄えた多くの知識や情報、いろいろな人の生きざまを参考に、自分にできることとできないことをふるいにかけていく作業が必要になってくる。そこで、今度は引き算をすることになる。引き算といえば消極的だが、これは積極的引き算だ。見栄とか外聞とか、そういったものを引いていくと、見栄えは減少していくが、密度は濃くなってくる。そして最後に残ったものが、自分の花だ。その花に気づいたとき、本当の人生が始まるのだ。


名言の宝箱12



[PR]
# by siva1199 | 2012-11-24 10:15 | 名言の宝箱

始終訓

*********************************

   一、人の生涯、何事によらず、もうお終と思うなかれ。
    未だかって始めらしき始めを持たざるを思うべし。
   一、志業は、その行きづまりを見せずして、
    一生を終るを真実の心得となす。
   一、成功は、一分の霊感と九分の流汗に由る。
    退屈は、死の予告と知るべし。


  安岡正篤

*********************************

この時間と空間が支配する世界は、有限、不完全な世界だ。この世に生を受けたとき、「おめでとう」と祝福を受けるが、楽しみよりも煩わしさの多いこの世界に生まれ出て、はたして本当にこの「おめでとう」という言葉がふさわしいものかと考えてしまう。本当の意味で「おめでとう」と言えるのは、この時空を卒業して自由の世界に帰るときだろう。ただし、この世を離れるときに「おもしろかったなぁ」と言えるためには、十分に生き切らなければならない。生き切るということは、自分を試すことだ。自分にははたしてどんな素質、素養があるのか、またそこからどんな可能性が生まれるのか、それをクリエイトしていく子供のような好奇心を持ち続けることだ。変わり続けることによってのみ、自分の核心を確認することができる。どんなにあがいても、この世界には期限がある。人生の目的はただ一つ、「おもしろかったなぁ」と言えるかどうか、今の自分に問うてみることだ。


名言の宝箱11



[PR]
# by siva1199 | 2012-11-23 09:51 | 名言の宝箱

不要な政治家を省く一票

*********************************

  一利を興すは一害を除くにしかず
  一事を生
やすは一事を減らすにしかず

  耶律楚材

*********************************

日本という国は、支配する側と支配される側がみごとに仕切られている。選挙で政治家を選ぶ権利は認められているが、直接国のトップを選ぶ権利は認められていない。けっきょくは支配する者たちが、自分たちの都合に合わせてトップを選ぶという仕組みに変わりはない。支配下におかれた私たちには、そんな微々たる庶民の一票だが、それでも集結すれば力となると信じるしかない。堺屋太一がこんなことを言っている。「利益の出る新事業をはじめるよりも、以前からやっている儲からない部門を縮小整理する方が大切です。いわば積極的な省事。これは勇気のいる難しい仕事なんです。だからこそ、それを成した者は高く評価することが大事です」。今、政治家に求められているのは積極的な省事(政治)ができる人間だ。その一票を投ずる基準として、省事ができる人かどうか、それを見極める必要がある。小さな一票ではあるが、不要な政治家を省く力を国民は持っているのだ。


名言の宝箱10



[PR]
# by siva1199 | 2012-11-22 14:09 | 名言の宝箱

どんなものにも意味と価値がある

*********************************

  髪の毛はただ、くっついてるもんだと思っている奴がいるけど、
  違うんです。大事な材料なんです。
  髪の毛には意識がないと思ってる奴は多いけど、
  髪の毛に意思はあるよ。
  そうすると、つまらないカットでも楽しくなるんだよ。

  宮崎駿

*********************************

どんなことにも意味と価値がある、そんな視点でものごとを観察してみると、今まで気づかなかったことに気づき、見えなかったものが見えてくることがある。先日、親しい医師の話を聞いてハッと思ったことがある。それは現代医療というものは、例えばガンを発症したとき、そのガンという存在を切除、排除することを考え、それに基づいて治療をする。しかし、もしガンという存在に価値があると考えたなら、ただ切除し、排除するだけでは意味を見出せない。自分の身体にできたガンという存在は自分のモノではないという考えから、排除という考えが出てくる。だが、そのガン細胞も自分の一部なのだと気づいたとき、はじめてガンにも意味と価値が生まれる。ガンの持つ意味と価値をまるごと抱えながら生きていく。自分という存在に、またあり方に、どんなメッセージを伝えようとしているのか。そのメッセージに気づいたとき、役割を終えたガンは存在意義をまっとうする。


名言の宝箱9



[PR]
# by siva1199 | 2012-11-22 11:06 | 名言の宝箱

自らの中に尺度をつくる

*********************************

  有用な仕事に力を集中して、
  君にとってなんの成果にもならぬこと、
  君にふさわしくないようなことは、すべて放棄したまえ。


  ゲーテ

*********************************

『ゲーテとの対話』は、文学を志す無名の青年エッカーマンが、晩年のゲーテとかわした対話をつづったものである。ある日、エッカーマンが、イギリスの雑誌から掲載の依頼を受けた話をゲーテに話すと、不機嫌な渋面になって「その申出には断りの状を書きたまえ」と。そして「重要なことは、けっして使い尽くすことのない資本をつくること」であり「君にふさわしくないようなことは、すべて放棄したまえ」と言った。芸術的感性やものの価値を見抜く眼力は、最高のものによって磨かれるとゲーテは言う。いくら中級品に接しても能力や感性は磨かれない、最高レベルのものに接することによってのみ、それは磨かれるのだと。最高のものに接し、それを自分のものにまでできれば、自らの中に尺度ができ、その基準に基づいて判断ができる。いかに自分の中に基準=スタンダードをつくるかだ。


名言の宝箱8

参考/『退屈力』齋藤孝(文藝新書)

[PR]
# by siva1199 | 2012-10-29 10:04 | 名言の宝箱

言葉は概念の道具

*********************************

  何かをうまく語ることは、
  何かをうまく描くことと同様に難しくもあり面白いものだ。
  線の芸術と色の芸術とがあるように、
  言葉の芸術だってそれより劣るものじゃない。


  ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

*********************************

私たちが日常で使っている言葉が、意外にも明治に入ってから作られたものが多いことを知っているだろうか。たとえば、幸福、社会、権利、民族、国家、宗教、哲学、自然、科学…など。これは、明治時代に日本が近代化をいち早く推し進めるために、外国文化を学び、その文化的概念を自分のものとするために翻訳されたのがこれらの日本語だ。つまり、日本人は、あの時期に欧米の重要な概念のほとんどを日本語の中に取り込んでしまうという離れ業を成し遂げた。概念というのは道具だが、欧米の道具を日本語に翻訳して、自由に使えるようにしてしまったのだ。この翻訳の功績は、日本の近代化においてはかりしれないほど大きなものである。ところが、文化庁の「国語に関する世論調査」の結果では、本来の意味とは異なる使われ方で定着している日本語があることが話題になった。言葉は概念の道具であることからしても、正しい道具の使い方を身につけることは大切だろう。


名言の宝箱7

参考/NHK「週刊ニュース深読み」
   『齋藤孝のざっくり!日本史』齋藤孝(祥伝社黄金文庫)


[PR]
# by siva1199 | 2012-10-25 14:41 | 名言の宝箱

シンプルがもつ力

*********************************

  デザインはシンプルであることが一番大事。
  完璧であるでけではなく、できるだけシンプルを心がける。
  そうすれば見る人がいっぱい想像できるのです。
  これがわたしの哲学です。


  ディック・ブルーナ

*********************************

ディック・ブルーナは、世界でいちばん有名なうさぎ「ミッフィー」の生みの親。ブルーナは曾祖父の代から出版業を営むブルーナ家の長男として生まれ、父が望んでいた経営者の卵としてではなくデザイナーとして父の会社に就職する。ブルーナは約20年間に2000冊もの装丁を手がけている。その後、出版社を退職し、装丁の仕事に終止符を打った。この頃にはすでに、彼自身絵本作家としても広く知れ渡っており、絵本づくりへの道を本格的に歩みはじめた。こうして「ミッフィー」は誕生したのだ。ブルーナが認めるように、ミッフィーは記号的な存在である。ふたつの点と×印でさまざまな表情を表現している。ブルーナはこんなことを語る。「その小さな眼と口だけで、彼女のさまざまな感情を表現すること。それがどんなにむつかしいか、おわかりでしょう? そのお話にふさわしい感情、たとえばほんのわずかな哀しみをあたえることができたなら、その絵は完成です」。


名言の宝箱6

参考/『BOOK DESIGN』ブックデザイン復刻版(WORKS)
   『ディック・ブルーナのデザイン』芸術新潮編集部 編(新潮社)


[PR]
# by siva1199 | 2012-10-15 08:56 | 名言の宝箱

座右の書をもつことの効用

*********************************

  私は他人が掛物とか屏風とかその他の書画骨董に金を出すと同様に、
  慈善事業に金を費やす事を道楽と思うて居る位である。


  渋沢栄一

*********************************

渋沢栄一といえば「論語と算盤」。清貧を尊ぶ儒教の思想は、お金儲けとは対極に位置するように見える。『論語』で倫理を学ぶことがビジネスの役に立つのか、という疑問が湧いてくるが、渋沢は「商才も論語に置いて十分に養える」と言っており、それを実践しているのである。今では、経済とはエコノミーという意味で使われているが、もともとは「経世済民」、つまり「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」というのが語源である。渋沢にとって商売は私利私欲を満たすためではなく、国を豊かにして社会に貢献するための手段に過ぎなかった。このように慈善事業を孔子の教えになぞらえて解釈できるのも、『論語』を自分の血となり肉となるレベルまで読み込んでいたからだ。実は座右の書を持つことは、仕事をするうえでも直接的に役立つ。しっかりとした判断基準ができれば、あとはそれに照らし合わせるだけでよくなる。的確かつスピーディに判断が下せるようになるのだ。


名言の宝箱5

参考/『凡人が一流になるルール』齋藤孝(PHP新書)

[PR]
# by siva1199 | 2012-10-11 11:06 | 名言の宝箱

大地の子

*********************************

  私たちは〈大地〉の子である。
  私たちは〈大地〉の生の一部であって、
  動植物と同じように、そこから栄養を引き出している。


  ラッセル

*********************************

テレビやインターネットなど、現代は脳の興奮ばかりを優先させる社会になってしまった。とりわけ、触覚のような、体全体で感じる喜びを軽視するようになってしまっている。この興奮に慣れてしまった心身にとって、一つの避難所になっているのが大地だ。友人たちと自然農で稲づくりをはじめて9年目になるが、土の上に立つと体内のリズムがゆっくりとしてくる。モノを育てる基本は、いじりまわさないということだ。大地はほとんど動かない。大地に稲を植えたなら、とてもゆっくりとしたスピードで成長していく。ゆっくりとした時間がそこにある。大地が体内にある本来のリズムを思い出させてくれているのだ。何とも忙しい時代の空気感の中で、ゆっくりとした生のリズム、生きるリズムを取り戻す場所を持つということは、とても大切なことだと思う。「私たちは大地の子である」と自分に言い聞かせるだけで、どっしりと大地にグランディングしているような心持ちになる。


名言の宝箱4

参考/『退屈力』齋藤孝(文春新書)

[PR]
# by siva1199 | 2012-10-08 11:11 | 名言の宝箱

知ることの大切さ

*********************************

  奥行きのあるさまざまな世界のルールを知らないため、
  自分のごく周辺の場所だけでしか楽しみを得ることができなくなる。


  齋藤孝

*********************************

ある知人にこんな質問を受けたことがある。「知って犯した罪と、知らずに犯した罪と、どちらが重いと思う?」。その答えは、この世で一番罪深いことは、知らずに犯した罪であり、知らなければ、一生改めることができないからだ、と説明を受けた。そういう意味での「知る」はとても大切だ。奥行きのあるさまざまな世界のルールを知らないために、犯してしまう間違いというものがあるからだ。くだらないモノ知りになる必要はないが、この広い世界のルールを知るための知識を得て、教養を身につけていくことはとても大切なことだと思う。また、知るということは楽しみの世界を広げるためのツールにもなる。芸術の良さを知り、楽しむためには、知識が必要だ。この世界を楽しむためにも実は知識がとても大切なのだ。知識は、幅広いモノの見方を与えてくれるのものであり、多くの選択肢の中から、自分に必要な最善の方法を見つけ出す可能性を広げてくれるツールにもなる。


名言の宝箱3

参考/『退屈力』齋藤孝(文春新書)

[PR]
# by siva1199 | 2012-10-07 11:11 | 名言の宝箱

意味のあるわからなさ

*********************************

  「ぜんぜんわからないからつまらない」と
  すぐに未知の世界へのドアを閉じて安心してしまうのではなく、
  「意味のあるわからなさ」をかかえこんで、しばし持ちこたえる。
  すると見えてくるものがある。


  齋藤孝

*********************************

今春から芸大の通信教育を受けている。30年ちかくこの業界でメシを喰ってきて、いまさら、という気持ちもあったが、若いころにデザイン学校を中途で投げ出してしまった埋め合わせとでもいうか、仕切り直しのような気持ちもある。通信教育は自分のペースで学んでいけばいいという緩やかなルールがあるが、実際には全日制と同じ内容をこなしていかなければならない。自分を律し、管理していくことは、そう簡単なことではない。いくつもの専門科目のテキストを読み、それぞれのレポートと作品を提出し、単位習得試験を受けなくてはならない。新しい科目のテキストを開くたびに、「ぜんぜんわからない」という、あきらめにも似た気持ちが湧いてくる。それを我慢しながら、読み進める。すると、あるとき何となくわかる瞬間がある。目の前がパッと開き、風景が変わるのだ。この「意味のあるわからなさ」を我慢して、持ちこたえた人にだけ見える景色があるようだ。


名言の宝箱2

参考/『退屈力』齋藤孝(文春新書)

[PR]
# by siva1199 | 2012-10-07 10:39 | 名言の宝箱

言葉の宝箱

*********************************

  冗長になることは、いつでも容易であるが、
  簡潔にするには容易ならぬ努力が要る。
  圧縮し要約し、そして最後はっきりと緊めることである。


  E・アラン

*********************************

夏休みになると、課題で日記を書かされていた記憶がある。とはいえ、子供の日常にそうそう大きな変化があるわけではない。いつも似たような代わりばえのない日々が続いていた。しかし、日記は書かなくてはならない。すると生活の中で、どんなに小さなことであっても、書ける話題を見つけようと努力をする。その意識こそが、とぎすます心になる。これは大人になっても同じようなものだ。代りばえのない日々の中で、ネタになりそうなことを探し、テーマをしぼって、それを書きまとめるということは楽ではない。そこにまた、400字という制約をもうけると、限りなく面倒な作業になる。だが、アランが言うように、制約があることで、言葉を選び、圧縮し要約することができる。こうして選ばれた言葉たちを残すことは、ぼくにとって日々の大切な気づきを宝箱に収めていくようなものだ。日々、時とともに忘れ去られそうな思いを、書くことがつなぎとめてくれている。


名言の宝箱1

参考/『退屈力』齋藤孝(文春新書)



 
[PR]
# by siva1199 | 2012-10-06 15:38 | 名言の宝箱

名言365完結

古今東西の名言と400字のエッセイを1日1本。

1年365日連続投稿にチャレンジしましたが、

おかげさまで昨日、予定より10日遅れて完結しました。

長らくのご愛読をありがとうございました。

また新しい内容で投稿します。

それまで、see you!
[PR]
# by siva1199 | 2012-08-26 10:09 | 名言365